ボトルをしっかりとホールドしてくれる「ボントレガーバットケージ」

 

トレック/ボントレガーのベストセラー商品

バットケージ

ボトルケージを選ぶ基準は様々だと思います。好きなカラーで選ぶもよし、素材やデザインで選ぶのもアリでしょう。ちなみに私(塩野谷)が愛用しているのは、ボントレガーのバットケージ(¥1,500)です。この何の変哲もないナイロン製のボトルケージが凄く良いのです。

バット=コウモリをイメージさせるデザイン

無駄のないロードバイクのフォルム

バットケージのバットとはコウモリのこと。そう言われるとコウモリのシルエットに見えてきますね。しかしバットケージを気に入ってるポイントはデザインではないのです。バットケージはボトルの保持がしっかりしているので、乗車中に車体がバウンドしてもボトルが吹っ飛ばないところが気に入っています。それでいてボトルが取り出しやすい絶妙さ。写真のセガフレードのマドンにも装着されてます。ちなみに私はロードバイク×2台、マウンテンバイクに装着しています。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!