マウンテンバイクの修理、やってますよ!

投稿日:


小学校などで開催されている

パラトライアスロン普及イベントで

今後使用していく

車椅子レーサー

 

以前、選手が使用していたもので、

今後は不特定多数の子供たちが利用する事を想定して

足を置くステップの位置や

 

座る座面にある、ベルトの組み合わせを変えてみたのですが、

実際に小学生に乗ってもらわないと位置が出せないので

 

幼稚園以前から繋がりのある

幼馴染にお願いをして

小学1年生の娘さんを連れてきてもらいました。

 

足が届かないだろうと思っていたのですが

ステップをもっと前に出さないと

3~4年生では近すぎると判断できました。

 

この姿勢では乗らないとは思いますが

正座の姿勢でも乗車も可能に。

 

手伝ってもらった報酬として

私の好物を。

 

 

車椅子レーサーのセッティングの前に

以前、マウンテンバイクを納車した方からの御紹介で

修理依頼の自転車が入庫。

 

御自身で油圧ディスクブレーキパッドを交換したものの

ディスクローターと干渉してしまうという事でした。

 

ピストンのクリーニング後に

リセット作業を行う為

物凄く動きの悪いピストンを押し戻すと、もう片方が出てきたり、

ブレーキレバータッチが左右で違いすぎるので

 

オイル交換を始めると

真っ黒なオイルと、噛みこんでいたエアが出てきました。

 

ディスクローターとブレーキキャリパーの平行が

目視で確認できるほど出ていなかったので

ディスク台座の修正を行いました。

 

前後共に

適度なパッドクリアランスを確保し、

レバータッチが変わったと評価していただきました。

 

明日、山を走りに行かれるそうなので

安心してライドできるはずです!

 

ディスクローター径が大きい程

ディスク台座の精度が影響します。

 

当店で対応できますので

必要であればお持ち込みください。


-ブログ, マウンテンバイク

Copyright© アセントサイクル|小金井市の自転車店 , 2018 AllRights Reserved.