タンデムバイク セミオーバーホール

投稿日:


整備依頼を受けた

2人乗りのロードバイク

タンデムバイク。

 

組み立てられてから

軸回りをメンテナンスしていないようだったので、

この機会に、分解洗浄をする事に。

 

 

まずは洗車。

 

フロントフォークを抜き

ハンドル軸のヘッドベアリング一式を

洗浄後に組み付け、

 

同様に

前側クランク軸のベアリングを分解洗浄。

 

2000年頃の部品ですが、

ベアリングの受け等は削れておらず、そのまま流用。

 

後ろ側のクランク軸は

カートリッジ式のベアリングで

「ジャリジャリ」と、スムースに回転しないので

取り寄せて交換する事に。

 

クロモリフレーム内は

錆の粉が沢山出てきたので、

除去後、防錆油をパイプ内に塗布して対応。

 

シマノ電動変速 Di2 の

ファームウェアをアップグレードの他、

トレーニング用のホイールのパンクや振れ取り、

ブレーキケーブルに手を加え、バーテープの交換等々...

 

ひとまず、今日はここまで。

 

明日は、

キャリーケースの修理です。


-ブログ

Copyright© アセントサイクル|小金井市の自転車店 , 2021 AllRights Reserved.